恐喝罪における弁護に経験豊富な弁護士 刑事事件で頼れる弁護士

2016-03-16

恐喝罪における弁護に経験豊富な弁護士 刑事事件で頼れる弁護士

大阪府阪南市に住むAは、店員を脅してお金を盗ろうと、飲食店の店員に対し、異物が混ざっているなどと言いがかりをつけ、お金を支払わせた。後刻、そのことが警察に発覚し、Aは大阪府阪南警察署恐喝の罪で逮捕された。

人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処すると書かれているとおり、暴力を加えたり、脅迫することによって、人を怖がらせて、金品などを交付させることをいいます。

例えば、「告訴するぞ」とか「警察に言うぞ」と脅して相手から金品を交付させることをいいます。

恐喝罪で逮捕された場合、重要になってくるのが、被害者との示談交渉です。
弁護活動の中でも、罪を軽くするために、何とか示談をまとめることが重要になってきます。
そうすることにより、不起訴となる場合が増えて、刑務所に入ることがなくなります。
また、恐喝罪は、暴走族や暴力団などある程度組織化されたグループで行われることもあるため、弁護士に依頼してその罪を軽くするためには、そのような関係を絶ち、生活環境を改善することが最善の道だと考えられます。

刑事事件の解決に多数の経験を有する、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、事件解決に最善を尽くし、事案に応じたベストな解決策をご提案することはもちろん、人として熱い心で依頼者の皆様に対応いたします。
大阪府阪南市恐喝逮捕された、また、刑事事件に経験豊富で、人として熱い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。