神戸の傷害事件 逮捕後の迅速な示談交渉に強い弁護士

2016-02-09

神戸の傷害事件 逮捕後の迅速な示談交渉に強い弁護士

神戸市兵庫区在住のAさんは、友人であるVさんと些細な事で喧嘩になってしまいました。
AさんはVさんを殴ってしまい、全治1週間の怪我を負わせてしまいました。
後日、Vさんは兵庫県警兵庫警察署に被害届を出した上で、Aさんにそのことを話しました。
Aさんは警察沙汰になるとは思っておらず、弁護士事務所に相談に来ました。

~友人間のトラブルでも相談~

友人との喧嘩で、つい手を出してしまうことは経験ある方も多いと思います。
しかし、手を出して怪我をさせてしまえば傷害罪になってしまいます。

相手を怪我させてしまった場合、まずは被害届を取り下げてもらうために活動することが考えられます。
そのためには、示談金を支払うことがあります。
怪我の治療費や慰謝料的な要素も含め、これで解決しましょうという意味合いをもったお金です。

さらに、場合によっては示談金を支払うことで穏便に済ましてもらうこともあります。
示談金の額はそれぞれの事件によって異なり、交渉には専門的な技術も必要となります。
お互いが納得する金額で交渉をまとまらせるためにも、示談交渉を数多く手がけてきた、刑事事件専門の弁護士に相談することがお勧めです。

今回のような友人間のトラブルであれば、弁護士に相談するまでもない、謝れば笑い話にでもなるなると思う方もいらっしゃると思います。
しかし、被害者が被害届を提出しているということは、警察が捜査に動いている可能性が非常に高いということです。
そこで、万が一に備えて、まずは1度弁護士に相談してみてください。

あいち刑事事件法律事務所は刑事事件専門の事務所なので、示談交渉が得意な弁護士も在籍しております。
また、初回の相談は無料で行っているので、今後の流れを知りたい場合やアドバイスがほしい場合でも遠慮なくご来所ください。
なお、もし逮捕されてしまっている場合には初回接見サービスも行っています。
是非、ご利用ください。