【岸和田市で逮捕】大阪の刑事事件 業務妨害事件で取調べ対応に強い弁護士

2016-11-24

【岸和田市で逮捕】大阪の刑事事件 業務妨害事件で取調べ対応に強い弁護士

大阪岸和田市に住む会社員Aは、自宅マンションに駐車場がない事から、マンションに隣接するスーパーの駐車場に無断で車を止めていた件で、スーパーの業務を妨害したとして、業務妨害罪で岸和田警察署に呼び出され取調べを受けました。
(この話はフィクションです。)

業務妨害とは、虚偽の風評を流布し、又は偽計を用いたり(刑法第233条:偽計業務妨害)、威力を用いたり(刑法第234条:威力業務妨害)して他人の業務を妨害することによって成立する犯罪のことです。
そもそも業務とは、、自然人、法人その他の団体が職業その他の社会生活上の地位に基づいて反復継続する事務(仕事)のことをいうので、営利目的や経済的である仕事だけに限られず、精神的、文化的なものでもよいとされています。
お店の営業、会社の経営は当然の事、イベントの開催や、学校の運営、行事も業務妨害罪の対象となるのです。過去には、格闘技の大会中にリングに勝手に上がって試合を中断させた、119番に対して無言電話を複数回にわたって繰り返す等が業務妨害として認められた事件もあります。

業務妨害罪には、行為者の業務を妨害する故意は必要なく、その行為によって結果的に、業務に妨害が生じると客観的にうかがうことができれば成立するのですが、行為者の故意が認められなければ、起訴される可能性は非常に低いものになります。
故意とは、行為者に業務妨害の認識があるか否かで、それは行為者の供述によって裏付けられる事が多いため、警察や、検察でどのような内容を供述するのかによって、処分が大きく異なってきます。

警察の取調べを経験した方から

・言いたい事を言えなかった。
・話したが聞いてもらえず、書類(調書)にも話した内容を書いてもらえなかった。

等と、警察の取調べに対する不満をよく耳にします。
警察の取調べを受ける過半数の方は初めての体験で、どの様に対応していいのか分かりません。
そして言いたいことも言えずに取調べが進み、最後には、警察官の作成した書類(調書)に署名してしまって、自分の意思とは反する内容の書類(調書)が完成してしまう事も少なくありません。

最近では、この様な警察の取調べが問題となって、改善傾向にはありますが、取調べを受ける方の権利が十分に守られているかと問われれば、そうではありません。

そんな時に、取調べを受ける方の強い味方となるのが弁護士です。
取調べを受ける方には、言いたくない事は言わなくていい権利(黙秘権)や、任意の取調べであれば途中退室する権利もあります。
話す内容に不安があれば、事前に弁護士に相談する事も出来ます。

業務妨害罪は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が定められています。
警察の取調べで誤った対応をしてしまうと、最終的に刑務所に服役する可能性がある重い罪ですので、業務妨害罪でお悩みの方、業務妨害罪で取調べを受けている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

当事務所は、刑事事件を専門に扱っており、捜査機関の取調べ対応から、被害者への示談交渉、被害弁償に至るまで、依頼者様の希望に沿ったあらゆる刑事弁護活動を行います。
大阪岸和田市で、業務妨害罪に強い弁護士をお探しの方、警察の取調べ対応にお悩みの方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
大阪府岸和田警察署 初回接見費用:3万9600円)