【近畿圏の警察署へ初回接見】刑事事件専門の暴行罪に強い弁護士 

2018-04-06

ご家族・ご友人が大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県の警察署に逮捕されたら【フリーダイヤル0120-631-881】にお電話ください!!

~ケース~
大阪府に住むAのもとに、奈良県天理警察署から「息子さんが暴行罪で逮捕しました。」と電話がかかってきました。
Aは、どの様に対処していいか分からず、近畿圏の警察署へ初回接見してくれる、刑事事件専門の法律事務所弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に初回接見を依頼しました。

暴行罪

暴行罪は、刑法第208条に定められた法律で、その罰則規定は「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」です。
街中で些細な事から口論になった相手の胸倉を掴んでしまった、お酒に酔って店員さんを突き飛ばしてしまったといった、つい手を出してしまったという暴行事件はよくありますが、この様な行為で、相手がケガをしていなければ暴行罪となります。
暴行罪は、犯行形態が偶発的で単純なケースが多いので、逮捕されても、勾留までされるケースは少ないと言えるでしょう。

また刑法で定められた他の法律に比べると、暴行罪の罰則規定は比較的軽いものですが、それ故に、起訴を提起されなければ国選弁護人を選任することはできず、逮捕、勾留段階で弁護人を必要とする場合は、私選弁護人を選任するしかありません。(平成30年6月以降は改正予定)

初回接見

暴行罪は、偶発的な事件内容が多いために、「暴行罪で逮捕した。」という警察からの連絡を受けたご家族のほとんどの方は「えっ誰に、何をしたの??」と思われるようです。
また、暴行罪で逮捕された方のご家族の多くは「すぐにでも被害者に謝罪したい。」と考えるようです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所初回接見サービスをご利用いただければ、その様な要望にお応えすることができます。
初回接見サービスをご利用いただくと、弁護士が直接、逮捕されている方と面会して、事件の内容を聞き、それをご家族にお伝えいたします。
そして、勾留される可能性や釈放の目途、今後の刑事処分の見通しについて、ご家族にアドバイスさせていただいた上で、ご家族からの質問にお応えいたします。

ご家族・ご友人が近畿圏(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県)の警察署に暴行罪で逮捕された方は、刑事事件専門弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所初回接見サービスをご利用ください。
初回接見サービスのご予約は0120-631-881で24時間、年中無休で受け付けております。
※奈良県天理警察署までの初回接見費用:41700円(交通費込み)