刑事事件に定評のある弁護士 公務執行妨害による逮捕に強い弁護士

2016-03-09

刑事事件に定評のある弁護士 公務執行妨害による逮捕に強い弁護士

大阪府四条畷市に住むAは、同僚と些細なことから口論となっていたところ、通報を受けて大阪府四条畷警察署の警察官が臨場した。警察官が口論の仲裁に入っていたところ、Aは警察官の態度にもいいがかりをつけ、胸倉を掴み押し倒した。そこで、Aは公務執行妨害の罪で、現場で逮捕された。

公務執行妨害罪は、公務員が職務を執行するにあたり、これに対して暴行又は脅迫を行う罪です。
よくあるのが、現場にいる警察官や職務質問をしている警察官に暴行をしてしまう場合です。

公務執行妨害で逮捕された場合、早期の身柄解放をしていかなければいけません。
また、公務執行妨害罪の場合、警察官による職務行為が、本当に警察官職務執行法に照らして適法な職務行為であったのかなど、公務が適法であったのかという点からも十分に検討していかなければいけません。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件を専門に扱うプロとして、実績も多く、依頼者からの評判もよく、数多くの事件解決のお手伝いをしております。

大阪府四条畷市公務執行妨害で逮捕された、また、刑事事件に定評のある弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府四条畷警察署の初回接見費用:3万6900円)