覚せい剤取締法違反で逮捕 刑事弁護に定評のある弁護士

2016-02-10

覚せい剤取締法違反で逮捕 刑事弁護に定評のある弁護士

兵庫県神戸市に住むAは、密売人から覚せい剤を少量買い、家に向かっていたところ、行動を不審に思った警察官に職務質問を受け、所持品検査の結果、先ほど購入した覚せい剤が見つかった。その後の簡易鑑定の結果、Aは、覚せい剤取締法違反(所持)の罪で兵庫県生田警察署逮捕された。

覚せい剤は非常に常習性が高く、一度の快感を覚えてしまうと、その感覚を拭い去ることが出来ず、一度やめようと思ってもなかなか抜け切れず、身も心もボロボロに滅ぼしてしまう、非常に危険なものです。

覚せい剤を買う人も売る人も、警察に見つからないように必死に対応を考えており、こっそりと路地裏の店舗で売買したり、車で町の中心部を離れてから売買したり、様々な態様があります。

覚せい剤を使用する人は、腕の注射痕を見せないように、常に長袖を着ているとよく言われます。夏の暑い日でも常に長袖を着て歩いているというのも、警察官もよく知っており、警察官による職務質問の着眼点にもなっているらしいです。また、よく喉が渇くらしく、警察官による職務質問を受けているときなど、よく飲み物を欲しがると聞いたこともあります。
繁華街を受け持つ警察署などでは、私服の警察官が勤務しており、一般人に紛れてパトロールを行い、覚せい剤常習者に対して職務質問を行い、検挙していると聞きます。

覚せい剤取締法違反で逮捕された方々の弁護に定評のある、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、依頼を受けるとすぐに行動し、依頼者の方の負担を少しでも軽くするよう、最大限努力します。
兵庫県神戸市覚せい剤取締法違反で逮捕された、またその他刑事事件で、信頼できる弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。