住居侵入事件による逮捕に強い弁護士 刑事事件の弁護士

2015-12-24

住居侵入事件による逮捕に強い弁護士 刑事事件の弁護士

兵庫県神戸市に住むAは、仕事を失い生活苦から他人の家に侵入して金目の物を盗もうと、人通りの少ない住宅街のある一軒家に侵入し、現金及び貴金属を盗んだ。
後日、現場に残されていた指紋からAの身元が判明し、住居侵入及び窃盗の罪兵庫県東灘警察署に通常逮捕された。
Aには同種の前科があり、その際に警察署にて指紋を採取されていたのが決め手となった。

通常、逮捕された被疑者は鑑識係に連れていかれ、指紋を含め、身長・体重を測定され、写真を撮られる。これらの情報は一括してデータ化して保存され、今後の捜査に資することとなる。

例えば、空き巣の現場において、鑑識活動を行う鑑識係の人や交番の警察官は、できる限り指紋や足跡を採取しようとします。
採取されたこれらの指紋や足跡はデータ化され、過去にストックされているデータとコンピューターなどを使い照合し、一致するものがないかを判断します。

もし一致するものがあれば、判明した人物による犯行の可能性が高い、若しくは犯行に関わっている可能性があることになります。

指紋や足跡の採取には、特殊なシートを使っており、案外綺麗に採取できるみたいです。

刑事事件を専門に扱い、空き巣及び窃盗による逮捕に強い弁護士をご用命の際は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を実施しています。