伊丹で傷害事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士

2015-12-20

伊丹で傷害事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士

兵庫県伊丹市にするAは、会社の同僚のVとちょっとしたことから喧嘩となり、Vに対して殴る蹴るをし、全治2週間の傷害をおわせ、兵庫県伊丹警察署逮捕された。

さて、逮捕されたAは今後留置場でどのような生活を送ることになるのでしょうか。
 
警察署に連行された被疑者は留置場に入ると、まず身体検査を受けます。着衣に危険物がないか(刃物、薬物等を隠匿しているケースもあるらしい)、頭から足まで身体特徴を細かく見られます。

その後、留置場内での規則等を言い渡され、決められた房に入ることになります。

日々の生活ですが、起床から就寝まで、監視する警察官の厳しい目が行き届いており、一瞬も気を許す時間はありません。自分の平常を保つのも大変でしょう。

それに、警察の連日の取調べが重なると、判断力が鈍くなり、冷静に物事を見ることができなるでしょう。自分の意としないことを取調べで話してしまうかもしれません。

それを防ぐためには、逮捕された段階で、迅速的確なアドバイスを行うことのできる弁護士が必要になってきます。

刑事事件を専門に扱う、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、逮捕された方に素早く寄り添い、心的負担を少しでも軽減するように全力で取り組んでいきます。
傷害事件の逮捕でお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。