飲酒運転による逮捕に強い弁護士 交通違反に絡む逮捕に強い弁護士

2016-01-01

飲酒運転による逮捕に強い弁護士 交通違反に絡む逮捕に強い弁護士

兵庫県西宮市に住むAは、飲酒の上帰宅途中、兵庫県尼崎東警察署の交通飲酒検問に出くわし、飲酒検知を受け、その場で飲酒運転の罪で逮捕された。

Aは仕事終わりに同僚と飲みに誘われた。Aは普段車で通勤していたが、飲んだ後は電車で帰ろうと決め同僚と会社近くの居酒屋に行った。話が弾みいざ帰ろうとしたところ、終電間に合わないことに気付き、あまり酔ってないから大丈夫との思いから車に乗って帰ったのであった。

飲酒検問に従事する警察官もプロです。遠くから運転手の反応を見ただけで、すぐに飲酒しているか分かる警察官もいるみたいです。

「お急ぎのところすみません。飲酒検問をしています。ご協力をお願いします。」
と言いながらも運転手の反応を見て、呼気を確認し、異常の有無を確認します。それと並行して、車内を懐中電灯で照らし、運転手の顔の表情や車内の異常の有無を確認します。

ある人は予備検知器を使ったり、ある人は呼気を直接確認しアルコールの有無を確かめたりします。

警察官が異常を確認し、呼気から酒臭を確認した場合は、車から降りるように命じ、警察車両で具体的な酒量を測定します。よく見られる、風船を膨らませるアレです。

逮捕された場合、警察署での殺伐のした状況の中、取調べや写真撮影など、目まぐるしく時間が過ぎてしまい、どのようにしてよいのかわからなくなる人も多いと聞きます。
取調べの警察官に言われるがままに応じてしまうのでないのでしょうか。
逮捕されたとはいえ、自分の権利はきちんと守っていかなければいけません。

飲酒運転により逮捕された場合や、その他交通違反により逮捕された場合、交通違反に関して取り扱い実績の多い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にお問い合わせください。
迅速に対応し、事件の早期解決に向けて全力を尽くします。
飲酒運転による逮捕に強い弁護士、交通違反に絡む逮捕に強い弁護士をご要望の方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談も随時実施しています。