飲酒運転による逮捕で頼れる弁護士 道路交通法違反に強い弁護士

2016-03-03

飲酒運転による逮捕で頼れる弁護士 道路交通法違反に強い弁護士

兵庫県三田市に住むAは、友人とゴルフの帰りに居酒屋で飲酒をした。その後Aはそのまま飲酒運転したのだが、Aの車が蛇行運転しているのを不審に思ったパトカーがAの車を停車させ職務質問をした。その後、呼気検査を受け、一定以上の数値がでたことから、Aは兵庫県三田警察署により道路交通法違反により逮捕された。

飲酒運転は非常に恐ろしいと言われます。飲んだ自分では大丈夫と思っていても、案外感覚は鈍ると言われています。
集中力や、危険を察知する力が飲酒により衰えると、ブレーキを踏むタイミングが遅れ、最悪の場合、人身事故を起こしてしまう可能性もあります。
飲酒により人身事故を起こしてしまうと、後悔しても後悔しきれません。
「少しくらい大丈夫」といった軽い考えが大きな事故を引き起こしている現状を考えて、警察としても飲酒運転取締強化をしているところです。

最近のニュースでは、コンビニに酒を買いに来て車を駐車させようとしたところ、運転を誤ってコンビニの入り口近くに車を衝突させたといったものがあります。
ニュースによると、すでに酒酔い状態であったと聞きます。
非常に呆れた話です。

飲酒運転を含め交通事件にも幅広い知識を持ち合わせた弁護士をそろえた、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、例えば飲酒による事故などの場合でも、早期に示談交渉に取り組むなど、素早い対応を心掛けてます。
兵庫県三田市で道路交通法違反で逮捕された、または飲酒運転に強い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無償相談を随時実施しています。