【池田市で逮捕】 大阪の刑事事件 傷害事件で示談交渉に強い弁護士

2016-07-13

池田市で逮捕 大阪の刑事事件 傷害事件で示談交渉に強い弁護士

大阪府池田市に在住のAさん(20歳・男性)は、駅付近を歩いていると、すれ違いざまに肩がぶつかったVと口論になりました。
口論の中で頭に血が上ったAさんはVを殴って路上に倒し、馬乗りになって抵抗するVの顔面を何度も殴打しました。
そのため、Aさんは、たまたま通りかかった警察官に傷害罪(刑法204条)の疑いで現行犯逮捕されました。
その後、Vは病院に搬送され顔面の骨が粉砕骨折していたので緊急手術されました。
事件後、傷害の前科のあるVさんは懲役刑になるのは困るので、なんとか被害者との示談で解決したいと思い、刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

【傷害罪について】

傷害とは人の生理的機能を害する行為であり、
人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。

傷害罪では、初犯であったり程度が軽微なものであれば、被害・罪が大きくないとして、被疑者の早期社会復帰のために、検察官が訴追の必要はないと判断し不起訴処分がなされることもあります。
しかし今回Aさんは、前科もあり、Vを骨折させていますので傷害の中でも重いものといえます。
よってこの場合、検察官はAさんを起訴処分にする可能性があります。

【示談交渉について】

示談とは、当事者間では今回の事件は解決したと約束することをいいます。
加害者が被害者に対して相応の賠償金を支払う一方、被害届が出ていない事件化前の示談の場合は被害者は被害届の提出をしないことを約束したりします。
被害届が出ている場合であれば、示談が成立したことは、起訴する必要がないと判断する重要な材料になり、検察が被疑者を起訴する可能性は低くなるでしょう。

事件後、当事者間で直接示談交渉することは可能です。
しかし、加害者との接触を避けたい被害者が捜査機関に、加害者に自らの連絡先を教えることを拒否していることがあります。
また、もし仮に教えてくれたとしても、直接交渉の結果感情的になってしまった被害者との示談が難航したりすることがあります。
その点、数多くの示談交渉経験を持つ弁護士に依頼して、適切な法的サポートを受けることで、迅速に、望ましい結果を得ることができます。

大阪府池田市の傷害事件でお困りの方は、刑事事件を専門に取り扱っており、示談交渉に優れたあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。(初回相談無料)