ひき逃げによる逮捕事件解決に実績のある弁護士 交通事案取扱いに定評のある弁護士

2016-03-05

ひき逃げによる逮捕事件解決に実績のある弁護士 交通事案取扱いに定評のある弁護士

大阪府泉佐野市に住むAは、自家用車を運転中、交差点から出てきた被害者に気付かずに轢いてしまった。Aは気が動転しそのまま逃げてしまった。事件を捜査した大阪府泉佐野警察署は、付近の防犯カメラからAを割り出し、Aは道路交通法違反の罪で逮捕された。

ひき逃げは、人に対する交通事故を発生させた後、けが人の救護をせずに事故現場から立ち去った場合をいいます。
ひき逃げという言葉はないのですが、道路交通法上の救護義務違反にあたります。
また、交通事故を起こして相手に傷害を負わせているので、自動車運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律の中の、過失運転致死傷罪も成立します。

やはり、被害者がいる犯罪なので、処分を軽くしてもらうためには、早期に示談交渉に入ることが重要です。
ひき逃げなどの人身事故の場合、保険会社が示談交渉を代行することもありますが、どうしても遅れがちです。
刑事処分として、少しでも処分を軽くしてもらうためには、弁護士が介入して早期に相手と話し合いを行い、示談交渉を進めることが大事です。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、交通事件や刑事事件において、経験豊かな弁護士を擁しており、スピーディーかつスムーズな示談交渉を行い、依頼者の要望にお応えします。
大阪府泉佐野市ひき逃げ逮捕された、または示談交渉に優れた実績を持つ弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府泉佐野警察署の初回接見費用:4万円)