痴漢などの冤罪事件に強い弁護士 迷防条例違反に強い弁護士

2015-12-17

痴漢などの冤罪事件に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

兵庫県神戸市に住むAさんは、通勤途中のJRの車内で、女性vのお尻を触ったとして、兵庫県警東灘警察署に逮捕された。
Aさんは、ただ車内が揺れた時にたまたまVに当たっただけだとしているが、Vは被害を主張している。

そこで、東灘警察署における取調べが始まった。
取調べはどのように進んでいくのでしょうか。

取調官にとって、取調室は戦場です。勝負の場所です。
相手と一対一となり、取調官は、真実を突き止めようと常に瞳をギラギラさせています。
また、取調官もそれぞれで、淡々と取調べを始める人、相手を威嚇するように高圧的に始める人、フレンドリーな感じだがどこか奥では供述の矛盾を突いてやろうと狙っている人、などがいます。

さらに、取調官もプロなので、相手の心理状態をすぐに見抜き、心理的揺さぶりをかけてくるかもしれません。
よく刑事ドラマなどである、取調室に小窓があって隣の部屋から様子を見ることができる通し窓があり、常に見られている状況も続きます。
 
絶対に冤罪とわかっているにも関わらず、取調室という密室に閉じ込められ、心理的に追い詰められると、どこに助けを求めてよいのか分からなくなり、思わず自分に負けてしまいそうになるのではないでしょうか。

刑事事件を専門に扱い、冤罪事件に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、冤罪事件に対して直ちに対応し、一刻も早く真実を勝ち取り、無念を晴らすように全力で対応していきます。

神戸で痴漢などの冤罪事件でお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所まで。
無料相談を行っています。