当て逃げ・ひき逃げ事件に強い弁護士 交通事件に強い弁護士

2015-12-22

当て逃げ・ひき逃げ事件に強い弁護士 交通事件に強い弁護士

兵庫県尼崎市に居住のAは、車で川西市内の路上を通行中に徒歩通行中のVと接触し、警察に届け出ることなく、Vの救助をすることなく立ち去った。その後、兵庫県川西警察署かkouされた。

交通事故を起こした際は、すぐに警察に届け出ないといけません。
相手から車のナンバープレートを覚えられている場合は、すぐに警察から手配され、所有者情報から住所が知られてしまいます。

また、事故を起こした場合、現場に少しでも証拠になるような物を残した場合は、交通捜査を専門にする捜査員により、所有者を判明させます。

現場は証拠の宝と言われます。彼らは、路上に散らばっているあらゆるものを、這いつくばって一つ残さず集めます。車のヘッドライトのカバーの破片や、塗膜片、車体の一部など、警察には一般に販売されているありとあらゆる車に関する情報及び部品があり、それを見極めるプロがいます。

現場に少しでも証拠になるようなものがあれば、たちまちに捜査員の手により、包囲網が広がってしまいます。

交通事件に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、そのような事件にすぐに対応し、取調べ対応をはじめ、逮捕された場合の家族対応まで、皆さんに寄り添い全力でケアしていきます。

ひき逃げ・当て逃げをはじめとする交通事故に関する相談は、交通事故に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談も行っています。