【芦屋市の窃盗事件】刑事事件に強い弁護士 逮捕手続きに強い弁護士 

2017-07-15

【芦屋市の窃盗事件】刑事事件に強い弁護士 逮捕手続きの誤りを指摘し釈放

芦屋市に住むAは、路上に放置されていたオートバイを盗み、自分のオートバイのナンバープレートに付け替えて使用していました。
ある日、Aは警察官に職務質問された際に、オートバイの車体番号とナンバープレートが一致しない事を警察官に追及され、窃盗罪で緊急逮捕されました。
Aに選任された刑事事件に強い弁護士が、逮捕手続きの誤りを指摘したところ、Aは釈放されました。
(この話はフィクションです)

~逮捕の種類~
逮捕には、下記の通り3種類があります。
①現行犯逮捕
 現に罪を行い又は、現に罪を行い終わった者は現行犯逮捕する事ができます。現行犯逮捕は、誰でも、令状なくしてできるので、令状主義の例外と位置付けられています。
②緊急逮捕
 a.死刑又は無期若しくは長期3年以上の有期懲役に該当する罪を犯した者
 b.罪を犯した事を疑うに足りる充分な理由がある場合
 c.急速を要し、裁判官の逮捕状を求める事ができない時
の3つの要件を満たしている場合、裁判官の発する逮捕状なくして緊急逮捕する事ができますが、逮捕後直ちに、裁判官に逮捕状を請求し、逮捕状の発付を受けなければいけません。
③通常逮捕
 令状主義に基づき、裁判官の発付する逮捕状をもとに逮捕する事です。警察官や検察官は、犯人の氏名等人定事項を証明する資料と共に、逮捕の理由と必要性を有する事を証明する資料を疎明して裁判官に逮捕状を請求する事ができます。そして、逮捕の必要性が認められれば裁判官が逮捕状を発付されるのです。

~逮捕手続きの誤り~
上記のように、逮捕手続きは3種類があり、それぞれの逮捕手続きを行うには、それぞれの要件が存在します。その要件を満たしていないのに、逮捕手続きが進んだ場合は、それが判明した時点で逮捕された犯人は釈放され、改めて逮捕されるか、不拘束で取調べを受ける事となるケースがほとんどです。
窃盗罪で緊急逮捕する場合、どの程度の嫌疑があれば「罪を犯した事を疑うに足りる充分な理由がある」と言えるのかは、ケースバイケースですが、盗難の被害品を所持しているだけでは、窃盗の嫌疑が充分にあるとは言えないでしょう。

芦屋市で窃盗事件でお困りの方、刑事事件に強い弁護士、逮捕手続きに強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
フリーダイヤル0120-631-881で24時間、無料法律相談のご予約を承っております。